健康オタクの料理と役立つ情報

料理と役立つ情報

2014年01月

きょうは、やる気が出る焼き味噌の話です。

戦国の武将の多くが、豆味噌を好んで食していたようです。

家康も秀吉も信長もです。

今日の賄いは、武将たちを支えた豆味噌を使って、当時を再現してみました。

まず、豆味噌を中火で炒めます。

豆味噌とは、八丁味噌のことで、赤だしを作るときに使う味噌のことです。

グレープシードオイルがあったのでこれを使いました。

そこへ行った黒ごまを味噌に対して見た目の3分の1入れて更に炒めます。

ごまと同量の三温糖と半分の量のおろし生姜を入れて更にこげ茶色になるまで炒めます。

次に酒を少々入れて水分を飛ばして出来上がりです。

写真 2014-01-29 20 42 23



信長は、桶狭間の出陣の前に「湯漬を持てー!」と

この焼き味噌を溶いた汁を掛けたお茶漬けのようなものを食べて出陣しています。

画像は、握ったご飯にこの焼き味噌を塗った「にぎりめし」です。

秀吉が好んだと言われています。


写真 2014-01-29 20 50 32



非常にご飯によく合う味噌です。

保存がききますのでぜひ作って、天下取りの夢でも見ても面白いと思います。

赤だし味噌汁、味噌味の親子とじ(名古屋風?)、しらすとししとうの和風パスタ

そして、にぎりめしで賄いのできあがり。

おにぎりではなく、握り飯というところが男心をくすぐります。

写真 2014-01-29 20 50 42

私はパンに目がないんです。
特に、ポンパドゥルのパンに!

最近では、神奈川県にちなんで、珊瑚礁のカレーパンとかもあるんです。

今日は、湘南名物しらすをトッピングした"しらすピザ"
写真 2014-01-27 16 36 41



世界一佐々木卓也さんのTクロワッサン
写真 2014-01-27 16 38 28



を買ってみました。

美味しいので、赤い看板、赤い袋を見つけたら買ってみてください。

こんにちは

藤田徳雄です。

最近は、集客しますと言って、お店に電話をかけてくる営業マンが増えてきています。

一昔前なら、決まって新規顧客獲得が目的だったのですが、最近はほぼ100%リピーターを増やすことを目的にしています。

なぜ、このような変化が起きたかというと、


1つは、コストの問題で、新規客1人獲得するのと、既存客を1人リピートさせるのでは、新規客の方が10倍コストが掛かるという試算があるからです。

確かに、そのままゴミ箱にポイされてしまう可能性の高い、折込チラシなどを多用すれば、コストはぐんぐん上がります。


2つ目の理由としては、スマホなどをタッチすれば簡単に顧客情報を登録できる便利な機器が開発されたことが大きいと思われます。

この手の営業の多くは、この機材を設置して継続収入を得ることを目的にしたものが多いと思われます。


この方法で、利益が出始めるのは相当数の顧客情報を集めることができて、その後のことですので、それまでは赤字になることは必定です。

15000円前後くらいからの料金が毎月かかると思われますので、個人経営の小規模店舗では大きな負担になりかねません。

慎重に判断しましょう。


リピーターの獲得は私の得意としている分野です。後日紹介していこうかと思いますが、新規客を呼び込んで、リピーターにしていくということのサイクルを作らなければ結局いずれ行き詰まってしまうので、今日は、あえて新規客呼び込みのための、ツール


看板について、簡単に説明させていただきます。


看板は、高い買い物ではありますが、一度しっかりと作っておけば、毎日チラシをまいているのと同じ効果があります。


看板を作るポイントは、ズバリ


●十分な大きさ(アンバランスさを感じるほど大きいほうが良い)

●十分な光量(周りと比べて、ひときわ目立つ)

●1秒で何屋かわかる。(新規客には、店名よりも何屋の方が重要)
写真 2014-01-04 11 04 43写真 2014-01-04 11 07 46


幹線道路沿いや商業地にある店舗ならぜひやっていただきたい。

駅前の細い路地裏などでも有効です。

このページのトップヘ